​ 終了しました  

「なぜ」を答えられますか?

胸骨圧迫を30回行い…ということは、心肺蘇生法の指導者ならば当然知っていること。でも受講者から「昔は15回だったのになぜ今は30回に?」と聞かれたとき、根拠をもって理由を説明できますか?

手技は知っていても、それが決められた理由はなかなか教わることがないもの…。このセミナーでは、そんな「なぜ」を徹底追求。「なぜ」がわかれば指導の信頼感は高まりますし、受講者が抱く疑問にパッと答えることができれば、受講者の満足感も向上します。

人工呼吸は不要…ではない!!

近年、人工呼吸を省略し、胸骨圧迫のみ行う心肺蘇生が急速に普及しましたが、指導にあたる皆さんは

その摘要条件を理解していますでしょうか?

幼稚園や学童の職員に対する救命講習で「人工呼吸は今は不要になりました!」と説明しているのでしたら、是非このセミナーへ!

また、日本の救命講習ではおなじみのフェイスシールドで実際の傷病者に人工呼吸はできるのか?
一方向弁付き人工呼吸デバイス「ポケットマスク」もあわせて体験し、実効性を検証してみましょう。

そもそも「心停止」って?

反応と正常な呼吸がなければ心停止…。でも「心停止」とはいったいどんな状態なのでしょうか?

心臓の動きが停まった…という状態だけではありません。心臓が動いていても「心停止」と定義される状態はいろいろあるんです。

心停止のメカニズムがわかると、「現場で何が必要か」も見えてきます。AEDを使った心肺蘇生の練習はいつも「ショックが必要」な状態ばかり。そのような練習だけでは救命率は思うように向上しない…という理由や背景もきっと見えてくるでしょう。

G2015時代の指導者とは?

心肺蘇生を練習できる場は以前に比べ増え、受講者数も年々増えていますが、現場に居合わせた市民等による心肺蘇生の実施や救命率が現状考えられる最適なものかといえば、決してそうではありません。

蘇生ガイドラインには「教育の方策」という章があるのをご存知でしょうか。救命率を向上させるためにどのような教育が必要かが記載されており、指導者はその方策に基づいて指導を行うことが求められているのです。皆さんが行う救命講習は、本当に現場で使えるスキルの訓練を提供していますか?

心肺蘇生の「なぜ」を考える

開催日:2019年6月14日(金)

時 間:18時00分から20時00分まで

場 所:名古屋市公会堂 第6集会室 【地図

    〒466-0064 名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番3号

    JR中央線「鶴舞駅」から徒歩2分/地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」4番出口から徒歩2分

受講料:500円(当日会場でお支払いください)

対象者:・心肺蘇生法の指導者(資格、所属団体等不問)

    ・心肺蘇生法に興味がある方

主 催:ブレイブハートNAGOYA / BLS横浜

予定内容

1.生命維持の三要素と心停止のメカニズム

2.反応と呼吸をみるだけでいいの?~心停止の判断における「なぜ」~

3.なぜ5cm?なぜ30回?ただ押すだけではダメ?~胸骨圧迫における「なぜ」~

4.人工呼吸がないと救えない心停止もある?~人工呼吸の位置づけと「なぜ」~

5.人工呼吸デバイス「ポケットマスク」体験

6.心臓が停まったら電気ショック?AED使用の「なぜ」

7.ガイドライン2015時代の指導者とは

※指導技法のトレーニングや、心肺蘇生法の実技トレーニングはありません。

受講申込
心肺蘇生の指導を行う対象

COPYRIGHT (C) 

BRAVE HEART NAGOYA

ALL RIGHTS RESERVED.